検索キーワードを分類すると以下の8つに分けられます。

ペラサイトを含むアフィリエイトと相性がいいのは、トップページでも紹介したように「悩み系」ですが、紹介するアイテムによってはその他の系のキーワードのほうがいいという場合もあります。

  • 願望系=こうなりたい、○○が欲しい
  • 悩み系=つらい、解消したいという気持ちをベースにした感情
  • 季節系=花火大会やスキーなどシーズンイベント
  • ジャンル系=敏感肌やカジュアル服などある商品をカテゴライズしたキーワード
  • ブランド名・商品系=シャネル、オルビスなどブランド名を直接表記したもの
  • 有名人・トレンド系=前田敦子愛用の○○など有名人の名前を直接表記したもの
  • 日付・型番系=EPSON PK-XXXXなど商品の型番を直接表記したもの
  • シチュエーション系=合コンに最適な○○、結婚式には○○で決まり、などシチュエーションをキーワードに盛り込んだもの

さっそく、ひとつアフィリエイトアイテムを例に上げて、キーワードを考えてみましょう。
たとえばアフィリエイトの定番アイテムであるウォーターサーバーの場合。

water

  • 願望系=おいしい水が飲みたい
  • 悩み系=水道水の化学物質が恐い
  • 季節系=夏の電気代
  • ジャンル系=RO水
  • ブランド名・商品系=アクアクララ
  • 有名人・トレンド系=放射性物質のない水
  • 日付・型番系=2016年トレンドのウォーターサーバーは?
  • シチュエーション系=出産を期に飲み水を見直したい

といった感じのキーワードが浮かんできます。


さらにこれらを組み合わせるとペラサイトに適したキーワードが見つかります。

シチュエーション系+悩み系=「赤ちゃんに飲ませる水道水が恐い」

といった感じです。

ペラサイトを作る際には検索キーワードの選び方が肝になってきます。

フレーズの長いキーワードはロングテールキーワードといいますが、このロングテールキーワードとペラサイトの関係に関してはまた別の記事で紹介できればと思います。